外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は28日、近畿と東海が梅雨入りしたとみられる、と発表した。平年に比べると、近畿は10日、東海は11日早い。気象庁によると、平年の梅雨明けは近畿、東海とも7月21日で、昨年との比較では、近畿、東海とも11日早い。これらの地域ではこれから1週間、梅雨前線や湿った気流の影響で、曇りや雨が続く見込み。これまでに、九州北部・南部と中四国が27日、奄美地方が15日、沖縄地方が14日に梅雨入りしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信