外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球の阪急、近鉄(ともに現オリックス)などの監督を務め「悲運の名将」と呼ばれた西本幸雄氏が25日午後8時40分、心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去した。91歳。和歌山県出身。葬儀・告別式は未定。1960年に就任した大毎(現ロッテ)のほか阪急、近鉄で指揮を執り、監督として通算8度のリーグ優勝。しかし、日本シリーズでは1度も優勝できず「悲運の名将」と呼ばれた。88年に野球殿堂入りした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信