外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は5日、東京都内で開かれた共同通信のきさらぎ会で講演し、追加金融緩和策としてマイナス金利の拡大を軸に検討する考えを示唆した。悪影響を認めつつ、それを上回る効果があると説明した。「マイナス金利の深掘りも、量(国債購入)の拡大も十分可能」とした上で、それ以外の手段も議論する考えを表明。2%の物価上昇目標を堅持し、できるだけ早期に達成する姿勢を示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信