外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下の退位を実現する期日を巡り、政府内で12月に決定・公表する案が検討されていることが分かった。決定の前提となる皇室会議での意見聴取を実施する時期として、同月23日の天皇誕生日前後が浮上している。政府関係者が2日、明らかにした。来年が見込まれた当初の想定から年内決定への前倒しを検討する中で「静かな環境」(政府筋)を確保する観点から、10月の衆院3補欠選挙や秋の臨時国会会期中は回避する方向だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信