外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆参両院の正副議長は20日午前、天皇陛下の退位を巡り、各党派からの個別の意見聴取を衆院議長公邸で実施した。午後までに8党と参院2会派から見解を聞く。自民党は「陛下一代限り」の特別法が望ましいと説明し、民進党は皇室典範改正による恒久制度化を主張。両党の溝が改めて浮かび上がった。正副議長による異例の意見調整だが、両党の協議は難航が予想される。大島理森衆院議長は、与党内で浮上している特別法の根拠規定を典範付則に置く案に言及した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信