外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本が運営費の約9割を負担する国際機関「日本アセアンセンター」(東京都港区)が、外務省など中央省庁からの出向者約40人が戻る際に、退職金を支払っていたことが16日、分かった。支給額は平均約200万円。出向期間は国家公務員の退職金算定ベースとなる勤続年数に含まれ、「二重取り」になるとして、外務省はセンターに対し返還させるよう求めた。一部の元出向者は既にセンターに返還、今後、国に返納される予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信