外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察庁の科学警察研究所(科警研)の今泉和彦生物第二研究室長らの研究グループは、加齢による人の顔の変化を数値化し、長期の逃亡容疑者や行方不明者の現在の顔立ちを予測するシステムを開発した。従来は古い写真を基に手配写真を作成する場合、しわや皮膚のたるみなど一般的な加齢の要素を加えていたが、科学的予測が可能になった。

共同通信