外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮城県警は22日、ドイツ人容疑者の逃走事件のさなかに有給休暇を取ってゴルフをしていたとして、大河原署の大友利治署長(57)を警務部付へ異動させた。県警は「適格性を欠く行為で、業務管理、運営に支障を来すと判断した」と説明し、事実上の更迭。懲戒処分も検討する。

共同通信