外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】中東通信によると、エジプトの首都カイロ北方で18日、拘束されて大型車両で移送中のモルシ前大統領支持派の集団が逃走を図り、治安部隊が催涙ガスを使って鎮圧、36人が死亡した。死因は窒息や圧死。モルシ派は52人が死亡したと発表し「殺人だ」と非難した。モルシ派は同日夕から夜にかけて、各地で、クーデターや弾圧に抗議するデモを実施、一部は夜間外出禁止令を無視して続けた。

共同通信