ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

途上国支援で3千億円節約

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減事業を先進国が発展途上国で実施すると、削減量を自国分に算入できる京都議定書の制度「クリーン開発メカニズム」(CDM)は、先進国に2966億円の経済的メリットをもたらすとの報告書を、気候変動枠組み条約で設けられたCDMの運営組織が24日までにまとめた。自国で排出削減するよりも、この制度を使って途上国で削減する方が低コストなため。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。