外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国連防災世界会議が14日開幕し、災害に強い社会に向けた2015年以降の国際指針づくりの議論が始まった。国連によると、首脳級を含め186の国や地域が参加。最終日の18日に採択予定で、発展途上国支援の在り方や、実効性のある減災目標の設定が焦点となる。安倍晋三首相は演説で、途上国支援を強化する方針をアピール。日本政府は「防災先進国」の立場から、議論を主導したい考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信