ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

逗子ストーカーで「配慮の余地」

 神奈川県逗子市で11月に起きたストーカー殺人事件で、県警は20日、刺殺されたデザイナー三好梨絵さん(33)の個人情報の取り扱いについて「配慮の余地があった」とする検証結果を公表した。三好さんから事件前に相談を受けていた逗子署の対応は「ストーカー規制法などにのっとっていた」とし適正だったとの見方を明らかにした。警察庁は20日、逮捕状を作成する際には、被害者の意向に配慮するよう全国の警察に指示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。