外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公明党の山口那津男代表は22日、共同通信のインタビューに応じ、集団的自衛権行使を容認するための憲法解釈変更について、24日召集の通常国会会期中に結論を出すことは困難との認識を示した。安倍政権が会期中に変更する方向で検討に入ったことに対し、強くくぎを刺した形だ。この問題をめぐる自民党との協議には応じる考えを表明した。通常国会会期末は6月22日。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信