外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エイルズベリー(英国南部)共同】ロンドン郊外で開かれていた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は11日昼(日本時間同日夜)、財政・金融政策は国内の景気回復などを目標とし、自国通貨を安く誘導する「通貨安競争」は回避することで合意し、閉幕した。記者会見した麻生太郎財務相は「日銀の金融緩和や円安に対して批判的な意見はなかった」と述べた。議長国である英国のオズボーン財務相が会見で議論を総括。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信