外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】モスクワで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は16日夕(日本時間同日夜)、共同声明を採択して閉幕した。声明は「通貨の切り下げ競争を回避する」とし、各国が輸出を有利にするため通貨を安く誘導しないよう求めた。金融緩和は国内の物価安定と景気回復を目的とし、為替変動を通じた他国への悪影響を監視して最小にすることで合意。日本と米国には財政健全化を促した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信