外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空ボーイング777旅客機の着陸失敗事故で、原因調査に当たる米運輸安全委員会(NTSB)は11日、フライトレコーダー(飛行記録装置)の解析結果からは、速度を自動的に維持する装置「オートスロットル」の不具合は確認されなかったことを明らかにした。これにより、パイロットらの誤操作の可能性がこれまで以上に注目されそうだ。

共同通信