外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3連休中の23日から冬型の気圧配置が強まって日本海側を中心に大雪となる恐れがあるとして、気象庁は21日、交通機関の乱れや雪崩に警戒するよう呼び掛けた。冬型の気圧配置は26日にかけて続くとみられる。日本列島は今月に入って既に寒波に見舞われており、21日正午現在の積雪は青森市の酸ケ湯201センチ、北海道幌加内町の朱鞠内167センチ、新潟県魚沼市の入広瀬160センチと、平年の1・4~3・4倍。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信