外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 連休最終日の19日、日本列島は高気圧に覆われた東日本を中心に晴天が広がり、各地で最高気温が35度以上の「猛暑日」となった。気象庁によると、午後1時半現在、最も気温が高かったのは大分県の玖珠と日田で、36・6度。暖かい空気が流れ込んでいた上に、強い日差しを受けて気温が上昇した。ほかに気温が高かったのは東京都練馬の36・2度、茨城県大子の36・0度、福岡県朝倉の35・9度など。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信