外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 連合の古賀伸明会長は31日までにあった報道各社とのインタビューで、「社会保障と税との骨格を(政府が)示せば、消費税増税があっても受け入れていかなければならない」と述べ、消費税引き上げを容認する考えを示した。古賀会長は「40兆円の税収で倍以上の予算を組むような姿がずっと続いていくことがどうか」と指摘。民主党政権に対し「税・社会保障の一体改革を国民に提示して議論を」と呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信