外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 連合は定期大会2日目の4日、古賀伸明会長(61)の3期目となる再任と、基幹労連の神津里季生委員長(57)の事務局長就任を承認した。任期はいずれも2年。古賀会長は電機連合出身。会長職は2期4年を通例としており、3期目は初代会長の山岸章氏以来で珍しいという。神津新事務局長は1979年、新日本製鉄(現新日鉄住金)に入社。新日本製鉄労組連合会会長を経て、2010年から基幹労連委員長だった。

共同通信