外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 首都圏の連続不審死事件で、交際男性3人への殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判公判は12日午後もさいたま地裁(大熊一之裁判長)で続き、検察側は「利欲目的で酌量の余地はみじんもない」として死刑を求刑した。13日に弁護側が最終弁論し結審。評議を経て4月13日に判決が言い渡される予定。論告で検察側は「ぜいたくな暮らしをするため、金をだまし取り、関係を断ち切るため殺害した」と指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信