ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

連続不審死、上田被告に死刑判決

 鳥取の連続不審死事件で、2件の強盗殺人罪などに問われた元スナック従業員上田美由紀被告(38)の裁判員裁判の判決で、鳥取地裁は4日、「都合の悪い存在を消し去ることで安泰を図ろうという冷酷、身勝手な動機の犯行だ。極刑で臨むほかない」として求刑通り死刑を言い渡した。上田被告の弁護側は即日控訴した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。