外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、県警は25日、自殺した角田美代子元被告=当時(64)=らによる暴行や監禁について、離散に追い込まれた家族らから何度も相談や通報を受けながら、6件について適切な対応を取らず、事件を把握する機会を見逃していたとする調査結果を公表した。県警に相談や通報が寄せられたのは1998年から2012年9月にかけて。被害者や友人らへの聞き取りや警察署の保管記録などから明らかになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信