外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫・尼崎の連続変死事件の端緒となったドラム缶遺体事件で、大江和子さん(当時66)に対する傷害致死罪などに問われた長女香愛被告(45)ら3人の裁判員裁判の公判が25日、神戸地裁で開かれ、3人は起訴内容を「間違いない」と述べた。その上で弁護側は「当時心神喪失の状態で責任能力はなかった」と無罪を主張した。他の2人は次女裕美(42)とその元夫川村博之(43)の両被告。一連の事件で裁判員が審理するのは初。

共同通信