外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ボストン連続爆破テロで、逃走中に死亡したチェチェン系のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)が2011年、男性3人が殺害された事件に関与していたとみられることが22日、分かった。NBCテレビが捜査関係者の話として報じた。連邦捜査局(FBI)は22日、この殺人事件に関与した疑いで、ツァルナエフ容疑者の知人でチェチェン系の格闘家イブラヒム・トダシェフ氏(27)を事情聴取した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信