外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】日本の投資家から集めた巨額の資産を消失させた疑惑が持たれている米資産運用会社「MRIインターナショナル」と同社社長、同社の資産を管理する金融機関に対し、米ネバダ州の連邦地裁は26日までに、資産凍結の命令を出した。MRIのビジネスは違法性が高いとして、米証券取引委員会(SEC)が同社などを提訴したことを受けた命令。この疑惑が4月に発覚後、SECのMRIに対する法的措置は初めて。

共同通信