外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 埼玉県三郷市で11月に中学3年の女子生徒(15)が刃物で刺された事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された同市の少年(16)が事件前、通学していた千葉県内の私立高校に「死んだ猫の首を持ち込んでいるのを見た」と複数の生徒が話していることが7日、学校への取材で分かった。少年はその数日後、進路変更を理由に自主退学。事件は退学の3日後に起きており、県警は動機解明の手掛かりになる可能性があるとみて調べている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信