外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 妊婦や持病のある人への新型インフルエンザワクチン接種が、週明けの11月2日から13県で始まることが30日、共同通信のまとめで分かった。日程が確定していない自治体もあるが、来月中旬にはほとんどの地域で開始できる見込み。当面はワクチンの供給量が限られるため、持病のある人の中でも小児や入院患者など特に重症化リスクの高い人からスタートする自治体が多い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信