外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本気象協会(東京)は28日、沖縄の南海上を北上する台風15号と発達する低気圧の影響で、週末から週明けにかけて、日本列島の広い範囲で激しい雨や強風、高波に注意が必要と発表した。協会によると、発達する低気圧は30日に北海道付近を通過する見込みで、本州の日本海側や北海道を中心に激しい雨や強風が予想される。低気圧から延びる前線がかかる九州でも大荒れとなる。

共同通信