外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅義偉官房長官ら沖縄関係閣僚と沖縄県の翁長雄志知事は18日夕、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐる2回目の集中協議を官邸で開いた。菅氏は2019年2月までに普天間飛行場の運用停止を目指す政府方針について「地元の協力がなければなかなか難しい」と述べ、名護市辺野古移設を前提とする考えを示した。翁長氏は、普天間飛行場の無条件返還を求める姿勢を強調した。

共同通信