外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2005年12月、山形県のJR羽越線で特急列車が強風にあおられ脱線転覆、5人が死亡33人が重軽傷を負った事故で、山形県警は21日、業務上過失致死傷の疑いで事故当日の運行指令担当者数人を書類送検する。県警は付近の別路線で強風による被害が多数出ていたことから、列車の運行を続ければ重大な事故を引き起こす可能性があったことを予測できたとし、運行を見合わせることで事故は回避すべきだったと判断。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信