外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 老化防止のサプリメントとして人気のビタミンEは、過剰にとると骨を壊す細胞の能力を高めてしまい、骨粗しょう症を招く恐れがあることを、慶応大などのチームが動物実験で見つけ、4日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。竹田秀・慶応大特任准教授は「ビタミンEには体の酸化を防ぐ作用がありアンチエイジングが期待できるが、過剰摂取に注意してほしい」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信