外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与党の参院過半数割れの可能性も指摘される中、みんなの党(渡辺喜美代表)の参院選後の対応に注目が集まる。首相交代で民主党に向かった無党派層が、消費増税論議をきっかけに戻りつつあり、みんなの党が参院のキャスチングボートを握るシナリオが現実味を帯びているからだ。一方、発足間もない新党改革(舛添要一代表)とたちあがれ日本(平沼赳夫代表)は伸び悩み気味。公明、共産、社民の各党も支持拡大に懸命だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信