外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 古代の史料や化石などの年代を、極めて高い精度で測定できる5万3千年分の“物差し”を作ることに、日欧のチームが成功し19日付の米科学誌サイエンスに発表した。福井県若狭町にある水月湖の湖底から掘削した堆積層を使った。チームの中川毅・英ニューカッスル大教授は「世界一精密な目盛りを作った。考古学のほか、過去の気候変動も調べることができる」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信