外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト南部ルクソールで日本人4人を含む観光客ら計19人が死亡した気球墜落事故で、検察当局は12日までに、過失致死の疑いで操縦士ムウミン・ムラド容疑者を拘束した。地元メディアが報じた。検察当局は、ムラド容疑者が気球の離陸前に、機器の適切な点検や整備を怠った疑いがあるとみて取り調べを進めている。拘束されたのは4月上旬。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信