世界の出来事

 【マニラ共同】フィリピン軍は25日、戒厳令が出されている南部ミンダナオ島での政府軍とイスラム過激派の交戦で、これまでに死者が41人に上ったと明らかにした。過激派が31人、政府軍が8人、過激派に殺害された市民が2人いるという。

共同通信

 世界の出来事