【ナイロビ共同】国連児童基金(ユニセフ)は29日、イスラム過激派ボコ・ハラムの襲撃が相次ぐナイジェリア北東部ボルノ州で、学校の半数以上が閉鎖されていると発表した。ボコ・ハラムが過激化した2009年以降、北東部一帯では約2300人の教師が殺害され、約1400校が破壊された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。