外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 道徳教育の充実策を検討している文部科学省の有識者会議(座長・鳥居泰彦慶応義塾学事顧問)が、現在は正式教科でない小中学校の「道徳の時間」を教科に格上げし、検定教科書を使うべきだとする提言をまとめたことが6日、関係者への取材で分かった。11日の会合で報告書案を示し、年内に最終的な意見をまとめる。

共同通信