外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪・道頓堀の観光名所となっている江崎グリコの電光看板が改修工事を終え、23日夜、6代目がお目見えした。おなじみの両手を上げたランナーは健在。従来のネオン管に代わり、今年のノーベル賞で話題になった省エネ照明の発光ダイオード(LED)約14万個を使い、鮮やかな光で夜を彩った。

共同通信