外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は7日、下院監視・政府改革委員会の公聴会で、大統領選の民主党候補指名を確実にしたクリントン前国務長官が公務で私用メールを使っていた問題の捜査に関し証言した。クリントン氏の訴追を求めなかった理由について、法を破るような行為は「なかった」ためだと説明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信