ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

遠隔操作犯名乗りメール

 パソコン(PC)遠隔操作事件で、10月に落合洋司弁護士(東京弁護士会)らに犯行声明を送りつけた「真犯人」を名乗る人物から、落合弁護士や一部報道機関に13日にメールが届いたことが14日、捜査関係者などへの取材で分かった。メールには写真が添付され、警視庁など4都府県警の合同捜査本部は画像の位置情報の解析で横浜市保土ケ谷区の団地で撮影されたものと特定。自殺をほのめかすような内容もあった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。