外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 他人のパソコンを遠隔操作してインターネット上で航空機爆破や幼稚園襲撃を次々に予告したとしてハイジャック防止法違反罪などに問われた元IT関連会社社員片山祐輔被告(32)に、東京地裁(大野勝則裁判長)は4日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。事件は捜査当局を混乱させ、4人が誤認逮捕された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信