ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

遠隔犯人「無実なのに人生修正」

 パソコン遠隔操作事件の「真犯人」とみられる人物が猫の首輪に付けた記憶媒体を解析した結果、「以前事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず、人生の大幅な軌道修正をさせられた」と書かれたファイルがあったことが8日、警視庁など4都府県警の合同捜査本部への取材で分かった。合同捜査本部は、警察などに恨みを持った人物の可能性もあるとみて、メッセージの真偽を含め慎重に調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。