外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1票の格差をめぐり最高裁から「違憲状態」と指摘された衆院選挙制度改革に関し、民主、自民、公明3党の実務者が協議を開始したことが4日、分かった。3党は今月下旬にも召集される臨時国会に合わせ、全党に協議参加を呼び掛ける方針を確認。年内に与野党で合意し、来年の通常国会で関連法案を提出、早期に成立させたい考えだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信