外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体内に入ってきた脂肪の感知に関わる遺伝子に変異があると、脂肪の多い食事を取った場合、肥満のリスクが通常よりも高まることを京都大とフランスの国立研究所のチームが世界で初めて突き止め、20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。遺伝子は「GPR120」。変異により、脂肪を燃やす機能が低下するため、脂肪肝などの原因にもなる。チームの京大教授は「メタボリック症候群の予防や治療も期待できる」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信