外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島市安佐北区で祖父母を包丁で刺すなどして殺害したとして殺人容疑で高校2年の少年(17)が逮捕された事件で、県警の検視の結果、就寝中に襲われた祖父(74)の遺体には抵抗した際にできる「防御創」があったことが16日、捜査関係者への取材で分かった。室内には血痕が飛び散っており、県警は、逃げ回る祖父を少年が追いかけ、強い殺意で何回も刺したとみている。司法解剖の結果、祖父の死因は失血死と判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信