外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 埼玉県警に詐欺などの疑いで逮捕された無職女(34)の知人男性の相次ぐ不審死で、交際相手だった東京都千代田区の会社員大出嘉之さん=当時(41)=の遺体から検出された睡眠薬の成分が、女が病院で処方された薬の成分と一致していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。大出さんは埼玉県富士見市の駐車場の乗用車内で8月6日朝、練炭による一酸化炭素中毒で死亡しているのが見つかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信