ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

遺族が悲しみの対面

 【ジュネーブ共同】スイス・アルプスの観光列車「氷河特急」脱線事故で、死亡した兵庫県の女性(64)の遺族が25日夕(日本時間26日未明)、ジュネーブ市内で女性の遺体と初めて対面した。女性が参加したツアーを企画したANAセールス社員は、女性とともに事故に遭い入院中の夫は妻が死亡したことを「知っている」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。