外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】中国に旧日本軍が遺棄した化学兵器の廃棄作業第1弾となった江蘇省南京市での処理事業で、全作業が完了し爆破装置などの設備の解体が始まった現段階でも、処理に伴い発生した危険物質のヒ素廃棄物の最終処分問題が未解決であることが14日までに分かった。日中関係筋が共同通信に明らかにした。終戦から68年、ようやく本格化した「日中最大の戦後処理」(外交筋)は南京での初事業から難題に直面した。

共同通信