外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連人口基金(UNFPA)は14日、避妊具など避妊の手段を使えず望まない妊娠のリスクを抱えている女性が発展途上国で2億2200万人に上ると警告した。貧困、教育の不足のほか、夫の反応への恐れなど女性の権利の理解への不十分さが背景にあり、妊娠中絶の原因になっていると指摘している。国連人口基金では、各国政府が貧困対策や教育などを通じ、家族計画への障壁を取り除くよう求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信